ころがる狸

ころがる狸のデータ解析ブログ

【海外旅行・観光】スウェーデンはヨーテボリ

こんにちは。今日はゴールデンウィーク初日とのことですが、コロナ禍のせいで毎日家にいるため連休感がありません(汗)もちろん旅行などできませんので、今日は過去の旅行記を書こうと思います。
美しい北欧の街
今から数年前に、スウェーデンヨーテボリという美しい街に旅行に行く機会がありました。ヨーテボリというと、スウェーデン第二の都市・自動車メーカーVOLVOの本社がある・海辺に面した港町・・・といった特徴があるのですが、いかんせん日本人には馴染みがありません。これまで12か国ほど海外に行き様々な街を訪れましたが、ヨーテボリの街としての完成度と申しますか、美しさ、便利さ、過ごしやすさは随一でした。写真を交えながらこの街のおすすめスポットをお伝えしヨーテボリ布教をしたいと思います!ちなみにこんな感じの街です。

f:id:Dajiro:20200425171904j:plainf:id:Dajiro:20200425171842j:plain
ヨーテボリの街並み。どことなくリラックスした雰囲気が流れている。
街の紹介の前に、行き方についての簡単な紹介を。
ヨーテボリへの行き方】
成田空港から、コペンハーゲン経由でヨーテボリ・ランドヴェッテル空港に向かいます。移動時間は最短11時間程で、往復20万円くらいです(2017年夏時点)。空港から市街地まではバスで移動します。かなりの頻度で出ているので、待ち時間にストレスを感じることはまったくありません。空港にバスの券売機がありますよ。
それでは、ヨーテボリのおすすめポイントを3つご紹介!

おすすめポイント1:美しい街並みと賑やかな市街

ヨーテボリを日本で例えると、私は尾道だと思います。港町らしく多くの船が停泊しており、海から吹き込む爽やかな風が気持ち良い街です。また市街には多くのおしゃれなお店があり、とても賑やかで歩いていて楽しかったです。旅行に何を求めるか、は人それぞれですけれども、旅先でまるで生活をするように、ゆっくりしたいという人には最適な穴場都市だと思います。

f:id:Dajiro:20200425173805j:plainf:id:Dajiro:20200425173754j:plain
ヨーテボリの市街と港。
あと、料理がうまい。食費をケチらなかったのが大きい気もしますが、毎日おいしい食事にありつけました。また、喫茶店が広くしかもほとんど人がいない!コンデコというホテル近くの喫茶店で朝食を食べていましたが、この広い空間に数人しかお客さんがいませんでした。お客としてはうれしいけど、店は大丈夫なんか(笑)
f:id:Dajiro:20200425174824j:plainf:id:Dajiro:20200425174808j:plain
左:ある日の夕食(Smakaという青いお店です!2度通いましたがおススメ) 右:朝食につかったカフェ(コンデコ)

おすすめポイント2:豊富な観光名所(魚教会、美術館、遊園地、ヨーテボリ植物園...)

観光名所も色々あります。まずは魚教会のご紹介。ここでは新鮮な魚介類が売っており、中にはレストランも併設されています。生カキと海鮮スープを頂きましたが、実にうまし。

f:id:Dajiro:20200425195253j:plainf:id:Dajiro:20200425194921j:plain
魚教会。外見が教会ですが中身は市場です。
続いて北欧最大規模というリセベリ遊園地。木製のジェットコースターがあることで有名なようです。私はHelixというジェットコースターに乗りましたが、これはヤバい。何がヤバいかって、こんな速度出していいんかというくらいスピード出すし、くるくる回っていました。まぁジェットコースター好きならおすすめだけれども・・・笑
f:id:Dajiro:20200425200102j:plain
リセベリ遊園地、とても広い。奥に見えるのが木製ジェットコースター。
Helixの公式サイトへのリンク、張っておきます。
www.liseberg.com
美術館、博物館も多くヨーテボリ美術館と市立博物館に行きました。外観の写真、私が映り込んでるものしかなくて共有できないのですが(汗)、ヨーテボリ美術館には素敵な美術品がたくさん展示されています。驚くことに、卓球台が展示品の一つとしておいてありしかも普通に遊べます(笑)。私は海外旅行する際にはその街の美術館、博物館には必ず行くようにしています。歴史や文化が感じ取れるので大好きな空間です。
f:id:Dajiro:20200429114750p:plain
ヨーテボリ美術。どの写真も、天気良いですね・・・。
それと、ヨーテボリ植物園。時間がありたまたま立ち寄ったのですが、これが最高に綺麗な植物園でした。ヨーロッパ随一の広さを誇るそうで、ぐるっと1周回るのに1時間以上かかります。夏に行くと色とりどりの花が咲き乱れています。天気の良さも相まって、本当に気持ちが良かった。人も少ないですし、心の底からリラックスできます。市街からトラムで向かえます。シティよりも落ち着いた場所を観光したいという人は、ぜひここに行ってください。最終日に行ったんですが有終の美を飾ってくれました。お土産にジャムなど買うのもいいかもれませんね。
f:id:Dajiro:20200425172606j:plainf:id:Dajiro:20200425172550j:plain
最高だったヨーテボリ植物園。隠れた名所。

おすすめポイント3:観光拠点としての交通の便の良さ

GoogleMapで確認すると分かるのですが、ヨーテボリから見ると、スウェーデンの首都ストックホルムデンマークの首都コペンハーゲンがほとんど同じくらいの距離に位置しているんです。せっかくなので電車を使ってストックホルムへ(3時間ほどだった気がします)、高速バスを使ってコペンハーゲンへ(5時間くらい)遊びに行きました。このように北欧の観光拠点としてもヨーテボリはナイスです。私は1週間ほどヨーテボリに滞在していたのですが、2日間は外の街で遊んでいました。

f:id:Dajiro:20200425202935p:plain
ヨーテボリからストックホルムコペンハーゲンは同じくらいの距離。
ちょっと脱線しますが、ストックホルムコペンハーゲンではこんな写真が撮れました。いいですね。
f:id:Dajiro:20200425203355j:plainf:id:Dajiro:20200425203340j:plain
左:ストックホルムの駅構内。多くの駅舎が芸術作品化されていることで有名 右:コペンの観光名所、ニューハウン

おわりに

ヨーテボリの良さ、伝わったでしょうか。もっとたくさん写真を張りたいのですが、きりがないのでこれくらいで。このようにヨーテボリは賑やかで、綺麗で、落ち着いていて、そして楽しい非常に魅力あふれた街なんです。海外の穴場を発掘したいとき、仕事に疲れて海外のどこかでゆっくりしたいとき、北欧のさまざまな街を巡りたいとき、ヨーテボリのことを考えてみてはどうでしょうか。